3月 桜

庭に「しゃっくり婆さん」

と、姑が呼んだ花が咲き出した。

足音もひそかに春はやって来る


かってめぐる季節は成長の証だった

今は閉じるカーテンのようなもの

次回の車の免許を更新しない

・・・そうなると

不便だし人形劇も継続できない


だが、自分の能力を信用できない

子供に負債を残さないように

枯れる命を全うして

しぼむように逝きたい


と、思うが

完全暗転の時まで

老いの花を咲かせて

客席をブイブイ言わせたい

とも思う


一寸先はわからない


************************